ホーム採用情報運転士 > 先輩運転士紹介

先輩運転士紹介

路線バス

観光バス

路線バス

こんなに「ありがとう」の言葉をいただけるとは思っていませんでした。 市川 裕紀 運転士 平成26年入社

岐阜バスを選んだ理由は何ですか?

出勤

学生時代に配送のアルバイトをしていたこともあって、運転する仕事に就きたいと思っていました。

同じ運転する仕事なら、乗用車よりは大型の車両の方が“優越感”があるし、また人と関わることが好きなこともあってバス運転士を志望しました。

自分の住んでいる地域からも近くて、毎日自宅に帰ることができるというのも魅力の一つです。

どんなときにやりがいを感じますか?

特にお年寄りの方からは、孫に対して言っているかのように「ありがとうね」「若いのに頑張ってるね」と言われることがあり、この仕事をしていて良かったと思います。

職場の雰囲気を教えて下さい。

出勤

バス運転士は、自分の親ぐらいの年配の方が多いですが、年齢差が大きいことは、まったく苦にならないです。

むしろ、ベテランの運転士でも気軽に話しかけることができますし、例えば、事故を起こしやすい箇所やお客様への対応の仕方など分からないことがあっても、すぐに聞けるし丁寧に教えてもらえます。

今後の目標を教えて下さい。

出勤

当面は、バスの運転技術を磨くことを目標にしています。

まだ事故を起こした経験はありませんが、他の運転士の方から危険箇所などを教えていただいて、無事故を続けていきたいと考えています。

そして、こうした経験を積み重ね続けて、将来的には後輩の運転士を指導する立場になるなど、レベルアップしていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

お客様は“家族”であり“財産” 新川 貴夫 運転士 平成20年入社

岐阜バス運転士としてのモチベーションは何ですか?

出勤

朝のラッシュ時間帯では、車内はギュウギュウ詰めで運転台のすぐ近くにもお客様がいるようなことがよくあります。

そうなると、車両の運動性能は格段に落ちる(速度は出ないし、止まりにくい)し、視野も狭くなるので、運転には細心の注意が必要になりますが、

そのような中でもお客様を目的地まで無事に送り届けたときは、ホッとするとともに、「無事に送り届ける使命を達成できた」という達成感があります。

運転する上でのモットーは何ですか?

出勤

お客様は“家族”であり、自分の“財産”だと思って運転しています。

“家族”“財産”だと思えば、必ず安全運転になるし、お客様にもソフトに接することになるからです。

これを意識するようになってからは、お客様だけでなく同僚や上司にも評価されるようになって、仕事をする上ですべてのことが良い方向に展開するようになったと思います。

運転士に向いている方とはどんな方ですか?

出勤

人命を預かる仕事なので、几帳面な性格で多少の根気も必要だと思います。

また、朝早い勤務や夜遅くにかけての勤務もありますし、運転中は様々なことが起こりますので、ある程度楽天的で要領のいい方、疲労やストレスを溜めこまず、体調管理ができる方は運転士に向いていると思います。

休日の過ごし方を教えて下さい。

出勤

家族サービスはもちろん心掛けてはいますが、趣味の釣りに運転士仲間で出かけるのが楽しみです。

6~7人で船を貸し切って海釣りに行くこともあります。貸し切っているので気兼ねなく釣りを楽しむことができます。

遅い時間に仕事を終わって参加する人もいますよ(笑)。

ただ、趣味としてはお金がかかる方なので、それ相応に仕事をして稼がないといけないと思っています。

ページの先頭へ戻る

活発なコミュニケーションが仲間意識を育てる 加藤 英明 助役兼運転士  昭和62年入社

普段はどんな仕事をしていますか?

出勤

最も中心的な業務は運転士の勤務割り付けで、担当して約3年が経ちます。

1年365日運行している路線バスを維持するには、必ず各ダイヤを運行する運転士が必要になりますが、運転士一人ひとりの毎日の仕事内容を決定する重要な役割を担っています。

モットーや大切にしていることはありますか?

出勤

運転士一人ひとりとの日頃からのコミュニケーションを大事にしています。

コミュニケーションと言っても特別なことをしているのではなく、休憩所などでの普段の何気ない会話から、運転士の感情の起伏や疲れの度合いなどを感じ取るように心掛けています。

ですので、事務机に座りっ放しではなく、よく営業所の中を歩き回っていますよ(笑)。

どんなときにやりがいを感じますか?

出勤

運転士の都合も可能な限り聞き取りながら、自分の思惑通りに上手く勤務を組み上げたときが一番達成感を感じます。

運転士も人それぞれで都合や感情があるので、上手くいかないときもありますが、何とか遣り繰りして足りないピースを埋めたときは、快感に似たような高揚感があります。

バス運転士を目指す方にメッセージをお願いします。

出勤

バス運転士はお客様と話をすることが多い職業です。

お客様と明るく話ができて、それが楽しいと思える方は向いていると思います。

運転技量については、最初は不安に思う方も多いですが、経験を積んでいただいた上で身に着けていくことですので、まったく心配する必要ありません。

ページの先頭へ戻る

エントリー

観光バス

早川幸一郎 運転士 平成25年入社 運転中

岐阜バスを選んだ理由は何ですか?

岐阜県で観光バスといえば「岐阜バス」というイメージがありました。またいつも赤い観光バスを見るたびに「カッコイイ!」と憧れており入社を希望しました。

入社して率直な感想は?

もともと観光バスの運転士になるのが夢でしたので、夢がかない赤い観光バスを運転できるので毎日が楽しいです。

どんな時にやりがいを感じますか?

お客様が降りられる時に「ありがとう」「楽しかったよ」と言われると、この仕事をしていて良かったと思い、やりがいを感じます。

職場の雰囲気を教えてください。

明るい、楽しい職場です。先輩運転士からも気軽に声をかけていただき、また道が分からない時は親切に教えてもらえます。

今後の目標を教えてください。

お客様に安心して乗っていただけるように心がけ、安全輸送のため運転技術向上を目指して頑張ります。

ページの先頭へ戻る

青木和徳 運転士 平成18年入社 出勤

岐阜バスを選んだ理由は何ですか?

学生の時は、遠足も修学旅行も「岐阜バス」でした。観光バスの運転士になるのが、子供の頃からの夢でした。

初めは単純に「バスの運転をしてみたかった」だけでしたが、やはり好きでないとできない仕事です。

どんなときにやりがいを感じますか?

一日の終わりにお客様から「安全運転ありがとう」と言われた時、この仕事をしていて良かったと思います。

モットーや大切にしていることはありますか?

とにかく「安全運転」です。
大型二種免許=心の免許(思いやり運転)だと思っています。

大変だったこと・悩んだこと等、エピソードはありますか?

エピソードといえば、入社1年目で仕事にも少し馴れた頃だったと思いますが、バイクと接触事故をを起こしてしまいました。

相手の運転手さんの救護や現場の処理等で大変でしたが、幸い軽症ですんだことと回送中でお客様にご迷惑をかけなかったことがせめてもの救いでした。

この苦い経験がその後の私のモットーになり、以降は無事故で頑張っています。

休日の過ごし方を教えてください。

休日=休む日と思い、のんびり・ダラダラしていますが、友達が自転車を楽しんでいるのに影響され、健康のために自転車を始めようと思っています。

ページの先頭へ戻る

熊崎 隆博 助役兼運転士 昭和58年入社 出勤

どんなときにやりがいを感じますか?

旅行行程を事故やトラブルもなく無事終了し、お客様から「ありがとう」と声をかけていただいた時。

モットーや大切にしていることはありますか?

常にお客様に親切であることです。お客様はいろいろなことを言われますが、いやな顔をせず笑顔でおもてなしを心がけています。

この仕事の大変なところはどんなところだと思いますか?

どんなに夜遅く営業所に着いても、明日のお客様のために観光バスを清掃、洗車をします。
また明日のお客様に迷惑がかからないよう、配車場所、見学地や食事場所を確認してから帰宅するところです。

良かったこと等、思い出深い仕事のエピソードはありますか?

観光バスの運転士になって初めてトラブルになったお客様と、十数年後に仕事で再会しました。
お互いに顔は覚えていませんでしたが、「昔こんなことがあってねぇ」と世間話が始まり「それ私です」とお互い顔を見合わせ大笑いになりました。

新人の頃の苦い思い出も、笑い話になって本当に良かったです。

バス運転士を目指す方にメッセージをお願いします。

毎日違うお客様との出会いがあり、毎日違う観光地に行く仕事です。
観光バス運転士はただ運転するだけではありません。安全運転に努め、常にお客様の立場に立って楽しい旅行になるよう黒子としての役割が大切です。

明るい笑顔とやさしい運転に心がけ、お客様をおもてなしする…そんなやりがいのある仕事です。

ページの先頭へ戻る

エントリー

ページの先頭へ戻る