ホーム採用情報運転士 > 運転士の仕事

ふれあいの笑顔を乗せる

運転士の仕事

【路線バス】運転士の仕事の流れ

  • 出勤

    出勤

    自宅から出勤します。車通勤可能。制服のまま通勤する方が多いです。
    自分専用のロッカーがありますので、帽子やマイク、手袋などは入れておけます。

  • 運転免許証確認

    運転免許証確認

    運転免許証を携帯していることは当然ですが、免許の更新日も管理していて、
    期限が近くなると警告してくれます。

  • アルコールチェック

    アルコールチェック

    呼気中のアルコール濃度を計測します。当然、ゼロでないと運転できません。
    「飲酒禁止」とは言いませんが、仕事に影響しないよう
    配慮することも運転士に課せられた仕事の一部です。

  • 車両点検

    車両点検

    一部を除いて、基本的には自分専用のバスはありません。
    その日乗務する車両を法定項目に従って点検します。
    例:タイヤの空気圧、オイルの点検、灯火の確認など
    お客様への安全・快適に関わることですので、念入りにチェックします。
    万が一異常が見つかった場合は、管理者に報告します。

  • 始業点呼

    始業点呼

    その日一日の仕事の内容を管理者と一緒に確認します。
    同じ行先でも経由が異なることがありますので、間違いのないよう
    声に出して確認していただきます。
    そのほか、身だしなみのチェック、工事などに伴う経路変更や
    バス停周りの情報など、その日の注意事項の伝達を受けます。

  • 乗務

    乗務

    運行表を確認しながら運行します。
    お客様を「安全」「快適」に目的地まで送り届けることが運転士の使命です。
    事故のないように運転することはもちろんのこと、「お待たせしました」
    「ありがとうございました」などの接客も行います。

  • 休憩

    休憩

    終点に着いて、次の発車までは休憩です。
    自由に時間を使うことができます。仮眠したり、他の運転士と
    情報交換したり。営業所で将棋をさしている人もいます。
    ただし、お客様の目に触れるところでは節度ある態度が望まれます。

  • 入庫

    入庫

    運行ダイヤをすべて終えたら、営業所に戻ってきます。
    バスの中に、忘れ物やお客様の寝過ごしがないか、チェック!

  • 車両点検・清掃

    車両点検・清掃

    車両の内外を確認して、外側は洗車機で、車内は汚れていれば
    掃き掃除や拭き掃除を行います。
    ランプの球切れや異常箇所があれば、管理者に報告します。

  • 給油(指定されている場合のみ)

    給油(指定されている場合のみ)

    次に乗務する運転士のために、減った分の燃料を補給します。

  • 終業点呼

    終業点呼

    管理者に終了の報告をします。
    なお、勤務終了の時もアルコールチェックをします。

  • 退勤

    退勤

    次に出勤するときの勤務を確認して、一日終了!
    お疲れさまでした!

採用担当者より

採用担当者より

私たち岐阜乗合自動車は、岐阜バスの愛称で親しまれ、70年余りにわたって、地域の皆様の足を担ってきました。

バス運転士の役割は、「安全」にお客様を目的地までお届けするだけでなく、同時に「安心」を提供することです。

地域に貢献するとともにお客様とのふれあいが大切になる非常にやりがいのある仕事でもあります。

ぜひバス運転士として、岐阜バスの一員になりませんか?

経験者の方はもちろん、未経験者の方や女性の方も歓迎いたします。「人と接するのが好き」「永く働きたい」という方は、ぜひご応募下さい。みなさんのご応募をお待ちしています。

ページの先頭へ戻る

エントリー

【観光バス】運転士の仕事の流れ

  • 出勤

    出勤

    自宅から出勤します。
    宿泊乗務の場合は、ホテルまたは乗務員宿泊場所からの出勤になります。
    個人専用ロッカーがありますから地図その他持ち物を入れておけます。

  • 運転免許証確認

    運転免許証確認

    運転免許証を携帯していることはもちろんですが、免許の更新日も管理していて期限が近くなると警告してくれます。

  • アルコールチェック

    アルコールチェック

    呼気中のアルコール度を計測します。当然ゼロでないと運転できません。
    「飲酒禁止」とは言いませんが、仕事に影響しないよう配慮することも運転士に課せられた仕事の一部です。
    宿泊地ではモバイル式アルコール検知器でチェック。
    宿泊地では一切の飲酒を禁止しています。「絶対に飲まない」という強い意志で翌日の乗務に備えてください。

  • 車両点検

    車両点検

    その日乗務する車両を法定項目に従って点検します。
    例:タイヤの空気圧、オイルの点検、灯火の確認等
    お客様への安全、快適に関わることですから念入りに点検します。
    万が一異常が見つかった場合は管理者に報告します。

  • 始業点呼

    始業点呼

    その日一日の仕事の内容を管理者と一緒に確認します。
    配車場所への注意事項や道路状況等、運行上の注意事項の伝達があります。
    また健康状態や身だしなみのチェック、その日の重点目標や確認事項を称呼し出発します。

  • いよいよ旅行の出発

    いよいよ旅行の出発

    お客様をお迎えし、ちょっと照れながらお客様に挨拶後、いよいよ旅行に出発です。 新人のうちは先輩のバスの後ろに付いて、連れて行ってもらうことから始まります。 乗組みのガイドさんと協力して(ワンマン運行もあります)楽しい旅行になるよう努めます。
    運転士の仕事は安全第一、運転中はもとより駐車場内でも事故のないよう細心の注意を払います。
    緊張の乗務の中、休憩や昼食はホッとできる唯一の時間です。たまには泊まりで”温泉でゆっくり”もあります。
    一日の旅行を無事終了し、お客様とお別れ。「ありがとう」と言われて一日の疲れも吹っ飛びます。

  • 入庫(車両清掃・給油・終業点呼)

    入庫

    入庫後は給油とバスの点検後、洗車をして明日の仕事に備えます。
    自分の担当車両の清掃には特に力が入ります。
    終業点呼を受け、今日一日の報告や車両の不具合等があれば報告します。
    一日の終わりにもアルコールチェックをします。

  • 明日の勤務の確認

    明日の勤務の確認

    観光バス運転士は基本的に毎日違ったコースを走ります。コース表にそって配車場所への道順や進入経路、旅先のホテルや見学地の場所の予習をします。(これが一番大変です)
    ここで頼りになるのが指導運転士や先輩です。バス運転士ならではのルート取り、見学地への侵入経路や道路の特性などを親切丁寧に教えてくれます。
    明日の出勤時間を確認して一日終了!~お疲れ様でした~

採用担当者より

採用担当者より

岐阜バスは、印象的な赤いボティーに鵜のマークで、県内はもとより県外各地でも親しまれてまいりました。 また自社募集旅行「ながら会ツアー」は、岐阜市近郊地域から多くのお客様を観光地へご案内し続けております。

観光バスの乗務員は「安全」に運行するだけではなく、「安心で楽しい旅行」を演出するという、とても大変ですが”やりがいのある仕事”です。 私たちと一緒に”チーム岐阜バス”の一員になりませんか? 経験者の方はもちろん、未経験者の方も歓迎いたします。「観光バスの運転がしたい」・「人と接するのが好き」という方は、ぜひご応募下さい。みなさんのご応募をお待ちしています。

エントリー

ページの先頭へ戻る