ホーム採用情報総合職(四大卒) > 先輩社員紹介

先輩社員紹介

新しい取り組みで地方を元気にしたい 岩田 営業管理部 車両・システム担当 平成22年入社

主にどんな仕事をしていますか?

バスの運行に関わる車載機器、運行情報サービス(バスロケーションシステム)の維持点検や新しい設備投資の立案・導入をしています。

平成25年度末にはコミュニティバスの停留所のバスロケーション対応工事を担当しました。大きな作業の時には部署内で一致団結して仕事に取り組みます。

岐阜乗合自動車を選んだ理由は?

私は大学時代のサークル活動で、地域を盛り上げる活動をしていました。

ニュータウンに住むお年寄りと関わる中で、住民の高齢化と少子化によりバス路線が無くなり、交通が不便で困っている方がいる現状を知ったことがきっかけで、地域交通に興味を持ちました。

また、地域に根付いた仕事がしたいという思いからこの仕事を選びました。

仕事で大切にしていることは何ですか?

お客様との接点です。

名鉄岐阜やJR岐阜といった主要停留所へ機器の管理のために足を運びますが、そこでお客様が困っている時にはこちらから声を掛けます。

世間話やバスの話をすることが、新しい考えを生むことや、より便利な機器の開発につながります。

一から設備の準備・導入をして、お客様から「便利になったね」「見やすくなったね」という声を掛けて頂くときにやりがいを感じます。

今後の目標を教えて下さい。

弊社は、ICカード乗車券の「ayuca」や「連節バス」のような新しい取り組みを、地方のバス会社としては、先がけて取り組んできました。

人口減少や都市の空洞化による、バス利用者の減少など、地方都市が抱える問題に対しても、新しい取り組みに挑戦することで、「地方でもこういうことができる」ということを示していきたいです。

ページの先頭へ戻る

先輩・上司の仕事をこなす姿に憧れます! 市橋 経営企画部 審査担当 平成26年入社

主にどんな仕事をしていますか?

経理の仕事で、観光部門の売上や入金のチェックをしています。 審査担当に、8つの旅行センターから毎日の売上等を記載した「日報」が送られてきます。 それが入金の管理台帳と正しく合っているか、計算をしてチェックします。 そして一ヶ月の集計を出します。色んな計算をして、数字がぴったり合うとやりがいを感じます。

大変だったエピソードはありますか?

まだ配属されたばかりの頃に、決算という忙しい時期を迎えたことです。その時に、いくら計算をしても数字が合わず、何が違うのか分からない・時間がないという状態になってしまいました。しかし、先輩や上司に何が違うか見ていただくことで原因が分かりました。そして間違いの訂正の仕方を、とても優しく教えていただき、正しい数字を出すことが出来ました。大変でしたが、「こういうときはこうすればよい」という学びが得られました。

仕事で大切にしていることは何ですか?

分からないことはとにかく聞くことです。その度しっかりメモを取って、自分でマニュアルを作成することで、2回目に聞くことがないように心がけています。

職場の雰囲気を教えて下さい。

数字を扱う繊細な仕事なので仕事中は真剣ですが、休憩時間や社員研修旅行の際には和気あいあいとしています。メリハリのある職場だと思います。

また、温かい人柄の人ばかりであるところがこの職場の良いところだと思います。新入社員研修でお世話になった営業所の運転士や事務の方々、そして本社の方々、どの方も親切に教えて下さり、いつも声を掛けてくださいます。

最後に、就活中の学生さんにメッセージをお願いします。

就活は大変ですが、私は自分に合った会社を見つけることができて良かったと思っています。ずっと働いていく場所なので、自分に合った会社を見つけて欲しいです。その中でも岐阜バスを選んでもらい、一緒に働くことができれば嬉しいです。

ページの先頭へ戻る

お客様からの「ありがとう」が一番嬉しい 新井 岐阜営業所 平成23年入社

主にどんな仕事をしていますか?

主に路線バスの運行管理をしています。その一例として、運転士から「道路に木が倒れていた」という連絡があれば、すぐに現場に行き様子を確認し、必要であれば各所に電話をして運行の障害となるものを取り除きます。また、「ヒヤリ・ハット」という、事故の起きやすい箇所や状況を把握・周知することで、事故を起こす前段階で危険を減らしていこうという活動の担当業務等も行っています。

どんなときにやりがいを感じますか?

お客様から「ありがとう」と言っていただけることが一番嬉しく、やりがいを感じます。入社して1年目に鏡島弘法の縁日にてバスのご案内をした時に、まだ慣れず四苦八苦していましたが、毎月鏡島弘法にいらっしゃるお客様が「いつもありがとうね」と声をかけてくださったことが印象に残っています。私自身がご案内するのは3回目でしたが、岐阜バスの長い歴史や役割の大きさを感じました。

モットーや大切にしていることはありますか?

すぐに動くことです。例えば、路線上に障害物があった場合にバスが遅れるとお客様に大変ご迷惑をおかけしてしまいます。速やかに障害物を無くし、お客様へご迷惑をおかけしないことはもちろん、運転士にもストレスなく働いてもらえるように、できることをすぐに行うようにしています。

職場の雰囲気を教えて下さい。

アットホームな雰囲気です。運転士と営業所職員の距離が近く、信頼関係があると思います。お互いをよく知っているからこそ、助け合いの空気があります。

今後の目標を教えて下さい。

年数を重ねるにつれて任せられる仕事は増えていますが、担当外の仕事ではまだまだ分からないこともあります。担当外のことでも全部できるようになり、どこの営業所でも通用する人材になりたいです。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る